導入事例:ヘンケルジャパン株式会社

ヘンケルジャパン株式会社様は、アドヒーシブ テクノロジーズ(接着技術)、ビューティーケアの2つの事業部門に優れたブランドとテクノロジーを擁し、業界を牽引するイノベーションを武器に事業を展開しています。
URL:https://www.henkel.co.jp/

         FAX 非定型 注文書

導入の背景

  • FAXの受注が、締切時間の前の短期間に集中していた。
  • その時間のために人員を増やしてコスト増はしたくなかった。
  • 今後の受注増にたいして、現在のリソースでは不安があった
  • 人員を増やさずに、現在以上の仕事量をこなせる仕組みが必要だった。

導入の決め手

  • 他社製品よりも、拡張性が高く、自社独自のエラーチェックにも対応し、操作性も優れていた。
  • 各代理店に合わせて、発注者情報、商品の記載内容を変えた注文書をPDFで作成できる

「代打の切り札」導入後の効果

  • 入力時間の短縮
  • FAXのペーパーレス化を実現
  • FAXを探す時間の短縮(PC上で検索できる為)

導入システム概要

システムの概要図



概要

ステップ① OCRのマスターデータを元に、代理店ごとの専用注文書を作成。
ステップ② 代理店が発注書をメーカーにFAXする。
ステップ③ メーカーは発注書を複合機で受信し、OCRサーバに転送される。
ステップ④ 転送されたFAX画像は、OCRサーバ内で随時OCR処理される。
ステップ⑤ OCR処理され出力されたデータを修正クライアントが誤認識修正を行う。
ステップ⑥ OCR結果を[SAP]へ受け渡す。
ステップ⑦ PC上で過去のFAX画像に対して、検索ができる。


<< 前のページに戻る

お問い合わせ

●電話番号

047-481-8820
受付時間:9:00~18:00
土・日・祝日・当社休業日を除きます。

●住所

〒275-0026 千葉県習志野市谷津1-11-11ウィステリアビル津田沼2F

最新リリース情報

ワンコール勤怠